花蓮 県 の 年 配 者 ら が 地域 の 記憶 を 芸 術 作品 に ま と め る | Alambre de negocios

0

台湾 ・ 台北 – (BUSINESS WIRE) – (ビ ジ ネ ス ワ イ ヤ) – 台湾 文化部 の 国家 文化 記憶 庫 計画 か ら 補助 金 を 受 け て い る 花蓮 県 牛 犂 社区 交流 協会 (Hualien County Nou-Li InterCommunity Association Association 、 ア ッ プ リ ケ 絵 画 を 通 じ て 地域 の 年 配 層 の 人生 物語 を 紡 ぎ 、 農村 文化 と 知 恵 を 再 興 さ せ る 取 り 組 み を 行 っ て い ま す。

当 年前 年前 当移 り 住 み ま し た。

農村 と し て の 今日 の 豊 田村 は 休耕 、 高 齢 化 、 人手 流出 、 ひ と り 親 世 帯 、 隔世 世 帯 、 都市化 と い う 問題 に 直面 し て い ま す。

当 文化 文化 文化 文化 文化 の の の の の の の の の の の.村 の 年 配 者 ら に 、 使用 し な く な っ た 衣 類 の 切 れ 端 で 各自 の 人生 や 村 の 記憶 を テ ー マ に コ ラ ー ジ ュ や 絵 を 制作 す る 方法 し ま ま まき

当 協会 は こ れ ら の ア ッ プ リ ケ 絵 画 の 台湾 に お け る 展示 を 支援 し た り, 日本 で 開 催 さ れ た 展示会 へ の 出品 も 行 い ま し た. こ れ ら の ア ッ プ リ ケ 絵 画 は 日本 の 審査 団 の 心 を 大 き く 動 か し ま し た が, そ れ は見 栄 え が 精巧 で は な い か も し れ ま せ ん が 、 背景 に あ る 物語 に よ っ て 真 の 芸 術 作品 に 仕 上 が っ て い る か ら で す。

当 記憶 当 当 当紋 が あ る こ と か ら 、 実 は タ イ ワ ン ク ロ ク マ で あ る こ と を 突 き 止 め ま し た。

こ の 話 は オ ン ラ イ ン で の 議論 を 巻 き 起 こ し, そ の 背景 事情, す な わ ち 人間 活動 に よ っ て 引 き 起 こ さ れ た 環境 破 壊 が こ の 生 き 物 を 生息 地 か ら 追 い や り, そ の た め に 人間 に よ っ て 捕 ま っ た と い う 背景 を 人 々 が 見 つ め 直 す こ と に つ な が り ま し た。

当 協会 に よ る 活動 は 実 り あ る 成果 を 達成 し ま し た. 今日, 環境 教育 の た め の コ ミ ュ ニ テ ィ ー が 豊 田村 で 形 と な り ま し た. 年 配 層 の 記憶 お よ び 人生 経 験 を 若 年 層 の 参 画 お よ び 創造性 と 融合 す る こ と で,こ の 地域 社会 は 文化 的 持 続 可能性 を 発 展 さ せ る 上 で の 強固 な 基 盤 を 作 り 上 げ ま し た。

本 文 本際 に は 、 法 的 効力 を 有 す る 唯一 の バ ー ジ ョ ン で あ る オ リ ジ ナ ル 言語 版 と 照 ら し 合 わ せ て 頂 く よ う お 願 い 致 し ま す。

        
      

Comentarios

Deja un comentario

  Suscribir  
Notificar a